不動産投資の基礎知識で疑問解決!

同じ物件に複数の人が投資をすることが原則としてできないという特徴があります。

不動産投資とは、マンションやアパートなどの不動産を購入し、それらを他の人に貸したり売却したりすることによって利益を上げようとする投資のことを言います。
ここで覚えておくべき不動産の投資の知識は、不動産に投資して利益を得る方法には、2つの種類があるということです。

1つ目の利益の上げ方は、購入したマンションやアパート、ビルなどを他の人に貸し出すことにより、毎月の賃料収入を得るというものです。
こうして得られる利益は、インカムゲインと呼ばれます。
インカムゲインは株式に例えると配当金にあたります。

2つ目の利益の上げかたは、不動産を売却して利益を得るという方法です。
この方法は、不動産を購入した時の価格と増産を売却する時の価格の差で利益を上げようというものです。
このような方法で得る利益はキャピタルゲインと呼ばれます。

現在、不動産投資をする際に重要な知識は、キャピタルゲインではほとんど利益が出なくなっているということです。
従って、今の不動産の投資は、インカムゲインで利益を得ることがメインになるといってもよいでしょう。

しかし、投資を終えて利益を確定する際には、インカムゲインとキャピタルゲインの関係性が重要となってきます。
また、不動産への投資は他の投資と違って、様々な特殊な要素があるということも、不動産投資の重要な知識として頭に入れておくとよいでしょう。

この投資の持つ特殊な要素のひとつには、投資できる不動産の中で全く同じものは一つもないということです。
不動産の投資では、全く同じ物件に複数の人が投資をする、ということが原則としてできないようになっています。

株式に投資する場合は、複数の人が同じ株券に投資することはできますが、不動産に投資する場合は、その物件の近場の似たような立地条件の不動産に投資することはできても、複数の人が一つの物件に投資することはほぼ不可能です。

また不動産投資は、資産を持っていることが実感しやすい投資であるといえます。
これは、不動産自体が形を伴った目に見える資産であるため、所有している人に満足感を与えやすいものであるからです。

株式市場のようなマーケットがないことも、不動産に投資するときに覚えておきたい知識の一つです。
不動産の投資に必要な不動産の取引は、株式市場や為替市場のように限られた時間に行われるといったことはありません。
不動産の取引は基本的に不動産会社と不動産に投資をする投資家との当事者間取引となります。

不動産の投資を成功させるには、優良な不動産会社と優良な投資物件を見つけることが必要不可欠となります。