最もポピュラーな不動産投資についての基本知識

アパートの経営には収入が安定しやすいというメリットがあります。

不動産投資を成功させるために覚えておくとよい知識は、マンション・アパート経営のメリットとデメリットです。
マンション経営による不動産の投資は、投資用に売り出されているマンションに投資するというものです。
マンション経営では、投資用のマンションの1室を購入し、それを他の人に貸し出すことにより利益を得ることができます。

不動産投資の重要な知識として覚えておくとよいマンション投資のメリットの一つは、アパートを経営する時と比べて多額の資金を必要としない、ということです。
さらには、建物を減価償却することで減価償却費が生じるため、節税効果を期待することもできます。

一方、マンション経営にもデメリットはあります。
もしマンション経営で所有している物件がひと部屋だけの場合、その部屋に入居者が入らなければ全く家賃収入が入らなくなってしまいます。
また、マンション経営では、建物の一部分を購入するだけになるため、投資を止めても自分に土地が残ることはありません。
そしてマンションの経営には、転売がしづらいというデメリットも存在します。

アパート経営のメリットとデメリットも、不動産投資をするために大事な知識の一つです。
アパートの経営は、アパートの1棟をすべて購入し、そのすべての部屋を他の人に貸し出すという投資です。
マンションの一室のみを貸し出すマンション経営より部屋数が多めになるため、より規模の大きな資産運用をすることができます。

アパートを経営する大きなメリットは、マンションに投資したり、不動産投資信託に投資したりするよりもより高い収益が得られるということです。
さらに、マンションの経営と同じく、アパートの経営でも建物減価償却をすることによって節税効果が期待できるというメリットもあります。
そして、不動産投資としてアパート経営をするために大切な知識は、ローンを完済して、アパートの建物を撤去したとしても自分の土地=資産が残るということです。
これは、マンションの経営にはない大きな利点です。

アパートの経営には収入が安定しやすいというメリットもあります。
これは、マンション経営とくらべて部屋数が大幅に増えることで、空室のリスクがぐっと下がるためです。

しかし、アパートを経営する場合でも、デメリットは存在します。
アパート経営のデメリットの一つは、初期投資の金額が大きいため、どうしてもローンを組まなければならないということです。
また、アパートの入居率が下がってしまった場合、家賃などでの収益が落ちてしまうというデメリットもあります。