中古物件の不動産投資における重要知識

一般的には築後5年以内の物件を築浅と言うことが多いです。

不動産投資をするなら、中古の物件へ投資する方法もあるということも一つの知識として覚えておくとよいでしょう。
中古の物件へ投資する場合は、すでに建てられているアパートやマンションなどに投資を行うことになります。
新築物件への投資にはない様々なメリットが中古の物件に投資することにはあります。

その一つは中古物件への投資では、入居者がいる状態でアパートやマンションを引き渡すことも多いため、最初から家賃収入が期待できる場合があるということです。
さらに、中古物件に投資する場合、新築物件に投資をするよりも収益性が高く、利回りが高いのが一般的です。
また、中古物件へ不動産投資をする上で頭に入れておくとよい知識の一つには、中古の物件は建物の償却期間が短めであるため、減価償却費を多めに計上することができ、節税対策にもなるということです。

実際に物件を見てから購入を決められるということも、中古物件への不動産投資を検討するうえで覚えておくべき知識のひとつです。
中古の物件は、外観や部屋の内部、内装、設備の痛み具合、入居者の入居の状況を見ながら購入できるという、新築の物件の投資にはない独自のメリットがあります。
入居の状況を把握すれば、利回りの高い物件を購入することも不可能ではありません。
しかし、部屋の配管などの水回りなどは外から見て判断することできませんので、これらの傷み具合を確認したいときは専門の業者に依頼する必要があります。

中古物件に投資することにもいくつかのデメリットがあります。
そのデメリットとして主に挙げられるのは、新築の物件に投資する場合に比べ、銀行のローンなどの融資をしてもらいにくいということです。
さらに、中古物件特有のデメリットとして挙げられるのは、予期せぬ修繕費がかかってしまう場合があるということです。

給湯器やキッチンなどの物件の設備や、クロス、床などの物件の内装などに故障や傷みが見つかった場合はその修繕の費用を負担しなければなりません。
中古物件へ不動産投資をするときに必要となる重要な知識には、中古物件には、運用できる年数が短いという大きなデメリットがあるということです。

これは、すでに築年数がたっている中古物件特有の不利な点であるといえます。
ただし、同じ中古物件でも築浅物件であるならばこの限りではありません。
築浅とは、建ててからそれほど年数が経ってない中古物件のことをさします。
その定義は、不動産会社によってさまざまです。
不動産会社によっては、築後3年くらいの物件を築浅と言う場合もありますが、一般的には築後5年以内の物件を築浅と言うことが多いです。