不動産投資における投資信託の基礎知識

数十万円から始められるのも投資信託のメリットです。

不動産投資には、さまざまな種類があることを知識として覚えておくとよいでしょう。
最近話題となっている不動産の投資には、通称REIT(リート)と呼ばれている不動産投資信託があります。
この不動産の投資は、近年登場した新しい手法のもので、最初の銘柄は2001年に二つ登場しました。

なお、不動産投資信託にもいくつかの種類があり、リートと呼ばれている場合は、証券会社の取引所に上場しているものを指します。
また、不動産投資信託にはクローズドの商品もあります。

不動産投資信託がどのようにして利益を出すのか、その仕組みも不動産投資の知識として覚えておくとよいでしょう。
不動産投資信託は、複数の投資家が共同で資金を出し合い、その資金を使ってマンションやビルなどの不動産を購入します。
こうして購入した不動産から入ってくる賃料の収入を投資家に対して配当金として還元をするのが不動産投資信託なのです。

不動産投資信託には、物件を自分の資金で購入した場合と比べてメリットとデメリットがあります。
このようなメリットとデメリットを知ることは、不動産投資の一つの方法として不動産投資信託を選択する際に役立つ重要な知識となります。

不動産投資信託のメリットには、物件を選ぶ必要がないということがあります。
自分で不動産の物件を選ぶ場合、どうしても当たり外れが大きくなりますが、不動産投資信託の場合はその心配はありません。
さらに、不動産投資信託では自分で物件や入居者を管理する必要がありません。
このため忙しくて大家の仕事などやっていられないという人にも向いています。

そして、数十万円から始められるのもこの投資の嬉しいメリットです。
自分でアパートやマンションを購入して不動産の投資を始めるとなると、莫大な自己資金に加えて住宅ローンを組まなければなりませんが、不動産投資信託ならその必要はありません。
投資できる不動産の数が多いため、分配金が安定して受け取れるのも不動産投資信託の利点です。
また、非常に流動性が低い不動産と違い、不動産投資信託はすぐに売買をすることができます。

不動産投資信託の具体的なデメリットも知ることも、不動産投資の成功のために役立つ知識となります。
不動産投資信託の大きなデメリットは、自分でアパートを経営する場合と比べて、利回りが低いということです。

また、不動産の投資に自分のこだわりなどを反映できないことも、このタイプは不動産の投資のデメリットの一つです。
ローンを利用してレバレッジをかけるという投資方法が選択できないという点も、不動産投資信託が不動産の投資と比べて不利な点です。