不動産投資に役立つ・競売物件の知識

誰も入札しないような物件は何か大きな問題を抱えていると言えるでしょう。

不動産投資の中には、競売物件に投資するものもあるということも、役立つ知識の一つとして頭に入れておくとよいでしょう。
この投資は、住宅ローンの返済ができなくなってしまった、などの理由で競売にかけられている物件に対して投資を行い、物件を購入して行うものです。
このタイプの投資にもメリットとデメリットがあります。

競売物件に投資することのメリットは、市場価格より安い価格で物件を入手できるチャンスが得られるということです。
さらに、競売物件の売り主が裁判所であることも投資のメリットの一つです。
裁判所は公的機関ですので、買い主も安心して物件を購入することができます。
また、裁判所は手付け金や保証金を請求することもありません。

さらに、競売で入手した物件は裁判所が所有権の移転の登記や抵当権の抹消の登記を行ってくれますので、不動産会社などとの取引にありがち契約違反などのトラブルとも無縁です。
ただし、競売物件に投資することには、デメリットやリスクが伴うこともあるということを不動産投資の重要な知識として頭に入れておきましょう。

競売の物件に投資することはリスクが高いといわれています。
その理由は、競売の物件の販売がオークション形式で売られているからです。
オークションで物件を売却するため、一番高い価格で入札した人がその競売物件を購入する権利が得られます。
このため、もし競売のオークションに参加している入札者が多数存在する場合は、その人数分だけ価格が高騰してしまうリスクが高くなります。

しかし、誰も入札しないような物件を購入するのも逆にリスクが高くなります。
誰も入札しないような物件は、何か大きな問題を抱えていることが多いからです。
こういったことも不動産投資をする上で大切な知識のひとつです。

競売で安く売られているような物件には必ず裏があります。
競売でも、少しでも価値があると不動産会社や投資家が見ている物件にはそれなりの価格が設定されていることが多いです。
従って、競売物件で不動産投資を成功させるには、相当量の経験と知識が必要となるのです。

購入する前に中を見て確認できないというのも、競売物件への投資のデメリットです。
入札の前に物件の内部の写真は見せてもらえますが、実際に物件の中に入って見学するということはできません。
さらに、運良く落札ができた場合でも、その代金は現金で支払わなければならないというのも、競売物件の投資の大きなデメリットとなります。