メリットとデメリットを知って不動産投資の知識を深めよう

家賃滞納など、入居者そのもののリスクも頭に入れておくべきデメリットです。

不動産投資を始める前に頭に入れておきたい知識は、不動産に投資することのメリットとデメリットです。

最大のメリットは、インフレに強いということがいえるでしょう
不動産は、貨幣価値の下落に左右されない資産であるため、貨幣の価値が下がるインフレに対して抵抗力を持つ資産です。
不動産の中でも、土地と建物が一緒になっている不動産の投資用の物件は、最も強いインフレへの抵抗力を持っているといわれています。

また2つめのメリットは、家賃という毎月決まった収入が得られるということです。
不動産に投資しますと、毎月家賃が得られますが、これは比較的安定した収入になりやすいのが魅力です。
なぜなら、家賃は景気の動向などで簡単に変動してしまうものではないからです。
家賃は短期間で半額以下になるといったことはありませんので、不景気などと関わりなく一定の収入を得ることができます。

さらに、不動産投資を成功させるために頭に入れておくべき知識は、不動産への投資で得られる収入は家賃収入だけではないということです。
不動産に投資をしますと、そこに住民が入居するときに礼金をもらうことができます。

この礼金の額は、例えば家賃の数ヶ月分など自分で好きなように設定できますが、地域によって相場が決まっている場合もあります。
また、不動産の投資では賃貸契約の更新料を得ることもできます。
これは礼金の代わりとなるものですが、礼金と違って住民が賃貸契約を更新するたびに定期的に得られる収入となります。

ここで注意しなければならないのは、敷金は住民が退去するときに返さなければならないということです。
最近は敷金の返還を求めて訴えを起こす人も出てきていますので、敷金は必要最小限の部屋の修繕費以外は入居者に返還したほうがよいでしょう。
こういったことは、不動産投資の基礎の知識としてあらかじめ覚えておきましょう。

そして、不動産の投資にももちろんデメリットはあります。
不動産の投資の一番大きなデメリットは空室のリスクです。
このリスクは、せっかくアパートやマンションを購入しても、入居者が入ってくれないというリスクです。
入居者が入らないということはすなわち、入るはずの家賃が入らないということになります。

そして、入居者そのもののリスクも不動産投資の知識として頭に入れておくべきデメリットの一つです。
投資物件に入居した人が家賃の滞納の常習者であったり、周囲の入居者とトラブルばかり起こしている人間であったりする場合は、その投資物件の人気が下がってしまいます。

このような入居者のリスクを避けるためには、入居者の事前の審査をきちんとするか、あるいは入居者トラブルにきちんと対応できる体制づくりをする必要があります。