無理のない不動産投資のための知識

資産や年収が少ないからといって、必ずしも投資ができないわけではありません。

不動産投資を始める上で重要な知識は、自分の年収に合った不動産の情報です。
不動産の投資には、年収ごとに適切な物件が存在します。
資産や年収が少ないからといって、必ずしも不動産への投資ができないわけではありません。

年収が400万円程度の人に最適な不動産への投資の方法は、マンションの1人部屋を借りる、という投資です。
年収400万円程度のサラリーマンが投資物件を購入する場合、年収の10倍程度までの融資が受けられることもあります。
こういったことから、あらかじめ物件の2割から3割程度の頭金を自己資金で用意しておけば、5000万円から6000万円のアパートが丸々 1棟購入できる場合もあります。

しかし初めて不動産投資をする人の場合、さまざまな不安やリスクを回避するために、まずはマンションの一室に投資することから始めるのが無難です。
アパート1棟が借りられる可能性があるということは、将来、不動産への投資を拡大するために役立つ知識として頭の隅においておくとよいでしょう。

年収が750万円くらいの人の場合は、アパートの1棟すべてが購入できるようになります。
新築のアパートの建売もありますので、様々な形の新築アパートを選ぶことができるようになっています。
また、物件価格の2割から3割程度の自己資金が用意できるならば、1億円くらいの価値のあるマンションを 1棟購入することも不可能ではなくなります。

こういった人たちが不動産投資を成功させるために覚えておくと役立つ知識は、実績を積み上げていけば、銀行も融資の枠を広げてくれるようになるということです。
不動産を購入後、着実なアパートやマンションの経営をして着実にローンの返済を進めていき、家賃の収入から経費を引いた残りの金額を自己資金に再び回せば、銀行も融資先としてその投資家を信用するようになります。

年収が1000万円以上になりますと、不動産の投資はさらにより幅広いものが選べるようになります。
この程度の年収ならば、より大型の物件を取得して、3年くらいたった時にさらに利回りのよい、収益のあげられる物件への投資を検討しながら、どんどん自分の資産を増やしていくことができるようになります。

年収1800万円以上の人は不動産投資が節税の対策にもなるという知識を覚えておくとよいでしょう。
年収が1800万円以上になりますと、収入の50%が税金となってしまい、何も節税対策をしない場合、収入の半分しか手元に残らなくなってしまいます。

このような高額所得者の場合は、必要経費として計上ができる大きな投資物件に投資することで、所得税の節税をねらうことが可能になります。
年収が1800万円以上の人は、不動産投資で賢く節税するための知識を身につけておいたほうがよいでしょう。